暦で古の先人達を想う|【小満】

暦で古の先人達を想う|【小満】



2022

二十四節気:小満(しょうまん:5月21日~6月5日頃)

万物が次第に長じて満という意味で、草木も茂り植物は実を結び田植えの準備の時期となります。

 

七十二候

初候:蚕起食桑。(かいこおきてくわをはむ:5月21日~5月25日頃)

蚕が桑の葉を食べる時期。

 

次候:紅花栄。(べにばなさかう:5月26日~5月30日頃)

紅花が一面に咲きだす頃。

 

末候:麦秋至。(むぎのときいたる:5月31日~6月5日頃)

麦の収穫時期を迎えている頃。

 

この時期の行事など。

・衣替え(6月1日)

衣服を夏服に替える日。平安時代の宮中で始まった習慣だそうです。
和服では、この日から裏地のついていない単衣(ひとえ)になります。
ちなみに冬服への衣替えは10月1日となります。

 

この時期の旬のもの。(食べ物・花・など)

 

・ビワ
・さくらんぼ
・ブルーベリー
・ラズベリー
・夏みかん
・紅花
・鰹 など



2022年カテゴリの最新記事