七十二候

七十二候

七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気をさらに約5日毎に分割。       
季節の変化を、さらにきめ細かくとらえて農事などに生かした。

 

春:2月~4月(立春~雨水~啓蟄~春分~清明~穀雨)

 立春(りっしゅん) 
東風解凍(はるかぜこおりをとく春の風が川や湖の氷を解かし始める頃。
黄鶯睍睆(うぐいすなく)山里で鴬が鳴き始める頃。 
魚上氷(うおこおりをいずる)水がぬるみ割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。  

雨水(うすい)
土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)雪がしっとりとした春の雨にかわり大地が潤い始める頃。
霞始靆(かすみはじめてたなびく)春霞がたなびき始める頃。 
草木萌動(そうもくめばえいずる)草木が芽吹き始める頃。 

啓蟄(けいちつ)
蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)戸を啓いて顔を出すかのように冬ごもりをしていた生きものが姿を表す頃。
桃始笑(ももはじめてさく)桃の花が咲き始める頃。 
菜虫化蝶(なむしちょうとなる)青虫が紋白蝶になる頃。 

春分(しゅんぶん) 
雀始巣(すずめはじめてすくう)雀が巣を作り始める頃。 
桜始開(さくらはじめてひらく)桜の花が咲き始める頃。 
雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。 

 清明(せいめい) 
玄鳥至(つばめきたる)燕が南の国から渡ってくる頃。 
鴻雁北(こうがんかえる)雁が北へ帰っていく頃。 
虹始見(にじはじめてあらわる)雨上がりに虹が見え始める頃。 

 穀雨(こくう) 
葭始生(あしはじめてしょうず)水辺の葭が芽吹き始める頃。 
霜止出苗(しもやみてなえいずる)霜が降りなくなり苗代で稲の苗が生長する頃。 
牡丹華(ぼたんはなさく)牡丹が大きな花を咲かせる頃。

 

 

夏:5月~7月(立夏~小満~芒種~夏至~小暑~大暑)

立夏(りっか) 
鼃始鳴(かわずはじめてなく)蛙が鳴き始める頃。 
蚯蚓出(みみずいずる)みみずが地上に出てくる頃。 
竹笋生(たけのこしょうず) たけのこが出てくる頃。 

小満(しょうまん) 
蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)蚕が桑の葉を盛んに食べだす頃。 
紅花栄(べにばなさかう)紅花の花が咲きほこる頃。 
麦秋至 (むぎのときいたる)麦の穂が実り始める頃。 

芒種(ぼうしゅ) 
蟷螂生(かまきりしょうず)かまきりが卵からかえる頃。 
腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)草の中から蛍が舞い光を放ち始める頃。 
梅子黄 (うめのみきばむ)梅の実が黄ばんで熟す頃。 

夏至(げし) 
乃東枯(なつかれくさかるる)夏枯草の花が黒ずみ枯れたように見える頃。 
菖蒲華(あやめはなさく)あやめの花が咲き始める頃。 
半夏生(はんげしょうず)半夏が生え始める頃。  

小暑(しょうしょ) 
温風至(あつかぜいたる)熱い風が吹き始める頃 
蓮始開(はすはじめてひらく)蓮の花が咲き始める頃。 
鷹乃学習 (たかすなわちがくしゅうす)鷹の子が飛ぶ技を覚え巣立ちを迎える頃。 

大暑(たいしょ) 
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)桐の花が実を結び始める頃。 
土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)土がじっとりとして蒸し暑くなる頃。 
大雨時行 (たいうときどきふる)きどき大雨が降る頃。

 

秋:8月~10月(立秋~処暑~白露~秋分~寒露~霜降)

立秋(りっしゅう) 
涼風至(すずかぜいたる)涼しい風が吹き始める頃。 
寒蝉鳴(ひぐらしなく)カナカナと甲高くひぐらしが鳴き始める頃。 
蒙霧升降(ふかききりまとう)深い霧がまとわりつくように立ち込める頃。 

処暑(しょしょ) 
綿柎開(わたのはなしべひらく)綿を包むガクが開き始める頃。 
天地始粛(てんちはじめてさむし)天地の暑さがようやくおさまり始める頃。 
禾乃登(こくものすなわちみのる)いよいよ稲が実り穂を垂らす頃。 

白露(はくろ) 
草露白(くさのつゆしろし)草に降りた露が白く光って見える頃。 
鶺鴒鳴(せきれいなく)せきれいが鳴き始める頃。 
玄鳥去(つばめさる)燕が子育てを終え南へ帰っていく頃。 

秋分(しゅうぶん) 
雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)雷が鳴らなくなる頃。 
蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)虫たちが土にもぐり入口の戸をふさぐ頃。 
水始涸(みずはじめてかるる)田んぼの水を抜き稲刈りの準備をする頃。 

寒露(かんろ) 
鴻雁来(こうがんきたる)雁が渡ってくる頃。 
菊花開(きくのはなひらく)菊の花が咲き始める頃。 
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)戸口で秋の虫が鳴く頃。 

霜降(そうこう) 
霜始降(しもはじめてふる)山里に霜が降り始める頃。 
霎時施(こさめときどきふる)ときどき小雨が降る頃。 
楓蔦黄(もみじつたきばむ)楓(かえで)や蔦の葉が色づく頃。

 

冬:11月~1月(立冬~小雪~大雪~冬至~小寒~大寒)

立冬(りっとう) 
山茶始開(つばきはじめてひらく)山茶花(さざんか)の花が咲き始める頃。 
地始凍(ちはじめてこおる)大地が凍り始める頃。 
金盞香(きんせんかさく)水仙が咲き芳香を放つ頃。  

小雪(しょうせつ) 
虹蔵不見(にじかくれてみえず)陽の光も弱まり虹を見かけなくなる頃。 
朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)風が木の葉を吹き払う頃。 
橘始黄(たちばなはじめてきばむ)橘の実が黄色く色づき始める頃。  

大雪(たいせつ) 
閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)空が閉ざされ真冬となる頃。 
熊蟄穴(くまあなにこもる)熊が穴に入って冬ごもりする頃。 
鱖魚群(さけのうおむらがる)鮭が群がって川を上る頃。 

冬至(とうじ) 
乃東生(なつかれくさしょうず)夏枯草が芽をだす頃。 
麋角解(さわしかのつのおつる)鹿の角が落ちる頃。 
雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)雪の下で麦が芽をだす頃。 

小寒(しょうかん) 
芹乃栄(せりすなわちさかう)芹が盛んに育つ頃。 
水泉動(しみずあたたかをふくむ)地中で凍っていた泉が動き始める頃。 
雉始雊(きじはじめてなく)雉が鳴き始める頃。 

大寒(だいかん) 
欵冬華(ふきのはなさく)雪の下からふきのとうが顔をだす頃。 
水沢腹堅(さわみずこおりつめる)沢に厚い氷が張りつめる頃。 
雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)が鳥屋に入って卵を産み始める頃。

 

 



二十四節気カテゴリの最新記事